本文へ移動

導入事例1(食肉加工業様)

業種
食肉加工業
導入システム
食Quality
対象業種
原料/資材/商品/規格書管理/ワークフロー/基幹連携/ラベル連携

課題と解決への取り組み

課題

膨大な品質情報の管理が大変である。
・原料情報、資材情報、商品情報が膨大であり、それぞれが過去版数も必要であり、尚且つEXCELで管理しているために複雑であり時間がかかっている。
 
情報の共有が図れない。
・最新の情報がいつ手に入ったか情報が行き届かないため、過去の情報で商品構成してしまう場合があった。

解決策

■情報のデータベース化
■ワークフロー等による情報の共有
■版数管理
■栄養素/原価自動計算機能
​■得意先商品カルテへのデータエクスポート

導入効果

情報の一元管理と共有化
・Quality導入後、煩雑だったデータを一元管理でき、他部署間との情報の共有が図れた。
 
規格書作成作業の時間短縮
​・データ利用により、商品カルテ作成までの時間が大幅に短縮された。
 
 
TOPへ戻る