本文へ移動

食Qualityの導入メリット

食Qualityを導入することでもたらすメリット

①誤表示による回収リスクの回避

原材料メーカーから提出された保証された原料情報を元に、自社製品の表示作成支援を行いますので、情報の洩れは発生しません。得意先への商品規格書の提出の際も、製品データと得意先EXCEL規格書をマッピングするため、転記ミスの発生がなくなり商品の回収リスクが軽減します。

②社内品質情報の一元管理と共有化

品質情報をシステムで一元管理しますので、各部署間で常に最新の情報を共有ることができ、お問い合わせに対しても間違いのない情報をお答えすることができます。

​③情報管理作業の効率化

紙媒体やEXCEL等で個々に管理していた情報をデータベースにすることにより、製品作成時の効率化が図れます。
 
詳しくは、下記フォームよりお問い合わせください!
TOPへ戻る