こんにちは!今日は気になる話題をピックアップ!

テレビで「若宮正子さん(81才!)がゲームアプリを開発し、世界から大絶賛!」というニュースを拝見しました。それを見て81歳がアプリ開発!?iPhoneを操作できるだけでもスゴイと思える年齢なのに!と感銘を受けまして、どんな方なのか気になり少し掘り下げてみると、より一層すごい女性だということがわかりましたのでご紹介したいと思います。

iPhone用ゲームアプリを開発した81歳の若宮正子さん

こちらが若宮正子さん。

開発をされたのは「hinadan」というハイシニア向けのゲームアプリです。

hinadan

説明部分の「80過ぎのオババが作った」というのがなんともかわいらしいですね。

長い介護の末、パソコンを始めたのは60歳を過ぎてから

若宮さんは独身で、定年退職後はずっとお母様の介護をされていたそうです。毎日家に閉じこもっているような生活の中、『家にいても世界中の人と繋がれる』という広告を見て、60歳を過ぎてからパソコン操作を独習をし、インターネットの世界に没頭したそうです。今ではパソコンもタブレットも使いこなすスーパーシニア!そしてインターネットの楽しみを教えたいと、シニア向けのパソコン教室も開かれています。

アプリ開発はSkypeでアドバイスを受けながら

若い人のアプリは年寄りにはつまらない!という動機から自分でアプリを作ろうと思い立ったそうで、早速MacBook Airを購入して、エンジニアの方にSkypeを通じてプログラムのアドバイスをもらいながら開発したそうです。

wakamiyahinadan2

シニア層は指でドラッグ&ドロップが苦手なので、タップだけですすめられるという点にこだわったそうです。こうして開発から公開まで半年で作成されたそう。本当にすごいですね。

 アプリ開発だけじゃない若宮正子さんの凄さ

その他、若宮さんはシニア層にパソコンの楽しさを伝えるために、エクセルで模様をつくるエクセルアートと呼ばれるものを作ったり

wakamiyahinadan3

なんとTED×TOKYOにも登壇されています!

テレビではピアノも練習する姿も放送されていました。

新しいことにチャレンジをしないのは、環境が悪いわけじゃなくて自分自身なのかも

やりたいことが頭の片隅にあっても、『忙しい』『もう年だし』『もっとすごい人がいるし』『難しそうだしわからない』と、自分の中で『やらない・できない理由』を作ってしまいがちです。しかし若宮さんから、ひらめいたらやってみればいい、何よりも行動することが大切だと教えて頂いたような気がします。私自身、なんだかまだまだ色々なことができそうな気がしてきました!皆様も春だし何かにチャレンジしてみませんか?