またしてもポケモンGOの話ですみません・・・

ポケモンGOのリリースで鳥取県がたいへん盛り上がっているそうです。
鳥取砂丘内に大量のポケストップ(その場所に行くと無料でアイテムがもらえる)とジム(ポケモン同士が戦ってアイテムがもらえる)があることが判明したからなんですが、こんなにたくさん!

20160728

どうして鳥取砂丘にこんなに…??

その理由は、ポケモンGOと同じ会社が制作した位置情報を使ったゲーム「Ingress(イングレス)」のプレーヤーが登録申請した場所がそのままポケモンGOに流用されていて、鳥取砂丘にある調査杭(砂の移動を調べるために100メートルごとにある杭)にほぼ一人で登録申請を行った方がいるからだそうです。

ちなみに現在はIngressで場所の登録受付は行っていないとのこと。
(ご近所にポケストップをたくさん増やしたいと思った方、残念でした)

画像で見ると密集しているように見えますが杭の間隔は100m。ポケストップは100個以上ありますので10km以上歩くことになりそうです。しかも砂丘なので歩くのは大変。

鳥取県のホームページでも「鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言」と銘打って観光誘致に力を入れ始めています。観光でお出かけの際は周りの風景も楽しみながら無理のない程度にゲームを楽しんでくださいね。